スノーシューの前に大切なこと

フィールドは、冬の山、森、雪原などの厳しい条件
グリーンシーズンとは違い スノーシューの前に大切なことが。。。。
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > スノーシュー大切なこと
  スポンサードリンク

 <<スノーシュー大切なこと 地図とコンパスは必須>>
 
 
  
■ ウェア、装備などの用意ができたら、さあ出発!。。。でもその前にとても大切な事!


     スノーシューをこれから始めたい、 冬の自然を体験してみたいと思われている方、
     また、そのフィールドが始めての方は、

        □ スノーシューツアーなどへの参加  または
        □ 地理に詳しい経験者との同行

     をお勧めします。


     まずは、

        □ 
安全に雪のフィールドに入ることが大切
        □ 次にスノーシューを知る・楽しむ・慣れる
        □ そして冬の自然を知る・楽しむ・慣れる

     ことが大切です。 


     歩くことが好きな人であれば、スノーシューを誰でも簡単に始めることができ、練習無しでも歩けます。
     言い換えると。。。

         
誰でも簡単に雪のフィールドに入って行くことができます。 でも。。。


     雪のフィールド。。。本格的な冬山でなくても雪原、森、山などは、冬の厳しい自然がいっぱいです。
  
     楽しく・美しい自然だけではありません。

       ・吹雪、強風、気象条件の変化による危険
       ・雪崩、雪庇どの地理的な危険
       ・吹き溜まり、自然にできた落とし穴の危険
    
     など、雪のフィールドは、様々な危険が潜んでいます。


またグリーンシーズンであれば登山道・散策路、標識・マーカーなどでコースが明確になっており、地図が無くても歩ける所でも。。。

  
スノーシーズンになると
     コースが全く見えません!

コースが無いのと同じです。

  ・登山道・遊歩道などは、雪で隠れています。
  ・標識は、雪で隠れています。
  ・木、岩に付けられたマーカーなどは
   雪に隠れています。


さらに、スノーシューで歩く時、沈み込みが少ないと言っても新雪であれば沈み込んでしまいます。
積雪が深くなるとラッセルで体力を消耗します。

地図とコンパスが必要
グリーンシーズンには、この雪の下に遊歩道がある。。。はずです。



     
冬のフィールドは 楽しく・美しい自然を体験できますが、

                  その反面様々なリスクを含んでいます。

     スノーシューをこれから始めたい、冬の自然を体験してみたいと思われている方、
     また、そのフィールドが始めての方は、

        □ スノーシューツアーなどへの参加  または
        □ 地理に詳しい経験者との同行

     などをお奨めします。 


     まずは、 『ツアーなどで 安全にフィールドに入り、 冬の自然を 知る ・ 楽しむ ・ 慣れる』 ことが、とても大切です。

     リンク集の スノーシュー関連(関東・中部 、 東北・近畿・北海道)にスノーシュー情報、
     スノーシューツアー情報のあるサイトを集めています。参考にしてください。
  

 スポンサードリンク




  ■ 地図、コンパスは必携


地図とコンパスは、必携です。

グリーンシーズンであれば登山道・遊歩道などコースが明確になっている場所でも、スノーシーズンでは雪の下になり全く見えません。
また標識、コースのマーカーなども雪で見えません。

  
頼りは、地図とコンパスです。

  
自分の歩くルートは、自分で決める必要があります
                        
さらに人気のあるフィールドでは、多くのトレース(足跡)があります。
また好き勝手に歩いたトレースも多々あります。
そのトレースが 『正しい(自分が進みたい)ルート』、 『安全なルート』 である保障は全くありません。

トレースが正しいルートであるかは、自分で判断する必要があります。
その判断材料として地図とコンパスは必要な道具です。

地図、コンパス、目視で現在地点の確認、自分の進むルートを確認しながら歩くことになります。
地図は、1/50,000では粗く、1/25,000が必要です。

また現在地点を確認しながら歩くため、地図はすぐに見られるように携帯する必要があります。

なお現在地を確認するために高度計があると参考になります。


地図とコンパス


高度計

    地図とコンパスは、買い揃えておくだけでは意味がはありません。
    フィールドで地図とコンパスを使いこなせるのが大切です。





    これから先(下)は y.hattori の今後の取り組みテーマです。

     スノーシュー(スノーフィールドへ入っていく全てについて)の準備として、『装備の準備』 以上に大切なのが
     地図とコンパスの準備です。
     地図、コンパスを買い揃えただけでは、実際のフィールドでは役に立ちません。 
     あくまでも使いこなせる様にするのが大切で、短期間では難しいでしょうけど。

     まずは、地図とコンパスの準備をします。

      <地図とコンパスの準備>

        ● 地図の準備 

          ・磁北線の引き方  ・・・ 最初は、色々と失敗しましたが、 。。。。(;^_^A
                          これについては、ようやく卒業です!

        ● コンパスの準備

          ・コンパスの機能について ・・・ 現在進行形

        ● まずは、歩く時に地図・コンパスを見る習慣を付ける  ・・・ 現在進行形

        ● 地図、コンパス、高度計を使いこなせる様に準備

          ・地図を読み、地形を見る。 現在地点を確認する  ・・・ 現在進行形
          ・自分の歩くルートを決める  ・・・現在進行形
          ・などなど

     
     今後、グリーンシーズンの山歩きでも、これをテーマとしてトレーニングしていくつもりです。
     またトレーニングできたテーマは、整理してサイト上に掲載したいと思っています。
     あくまでも 『・・・・掲載したい』 と言う気持ちだけは持っておこう! (^^ゞ
 
スポンサードリンク
   ■コンテンツ メニュー
トレッキング & スノーシュー フォト レポート 地域別メニュー フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め(サポートタイツ)  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め(PROTREK)  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  トレッキングとスノーシュー TOPへ
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰

 
  トレッキング、スノーシューイングは自然相手の遊びであり、スポーツです。 優しい自然もあれば、厳しく怖い自然も
  あります。
  フィールド、季節などに応じた準備が必要です。 無理な行動は危険を伴います。 諦め引き返す勇気が大切です。

  フィールドでの行動は危険を伴うことがあります。 自己責任で慎重に行動しましょう。

  また自然に対するマナーも大切です。
    ・ゴミは持ち帰りましょう。
    ・動植物を採ったり、傷つけたりしない様にしましょう。


Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved