経年劣化

トレッキングブーツのミッドソール素材により経年劣化発生
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
  TOP > トレッキングブーツ 経年劣化

 << トレッキングブーツの経年劣化 >>
この写真、分かりますか?

経年劣化すると、こんな状態に陥ります!

  ブーツのソールが剥がれています。
     ポリウレタン素材を使用したブーツの経年劣化です。

  これは人事ではありません!

    
右の写真をご覧になっている貴方のブーツが
    
同じ素材であれば近い将来、私と同じ状況に陥ります。
経年劣化するとソールが・・・・
経年劣化
 
  2003年、尾瀬の燧ケ岳をトレッキングしました。
  御池から約2.5kmの熊沢田代まで来て木道を歩いている時、左足に何か引きづっている違和感を感じ、
  ソール(靴底部分)を見ると一見異常はなさそうでした。
  そのまま進むにつれてさらに違和感が酷くなり、見るとソールが半分だけ剥がれています。
 
  応急処置として2本の紐でソールとブーツを固定し、引き返す事にしましたが、直ぐに右足にも同じ違和感を感じ。。。。
 
  応急処置には限度があります。 結局、下山途中で左右ともソールが剥がれ落ちてしまい、残ったインナーブーツの様な
  薄い素材のものだけで下山することになりました。 この状態になると悪路では、まずまともに歩けません。 休み休みで
  なんとか下山することができました。
 
  はっきり言って 『ツライ! でもこれだけで済んで良かった』 と思っています。
  この状態では危険も伴います。 怪我もなく無事下山できたのは不幸中の幸いです。
  もしも山頂でこの状態になったらと考えると。。。。。(>_<) 
  なおこのトレッキングブーツは、5〜6年使用した物です。
 
 
  トレッキングブーツの多くは、ミッドソールにポリウレタン素材が使用されており、このポリウレタン素材の経年劣化が原因で
  ソールが剥がれ落ちてしまいます。
  
  トレッキングの前には、必ずソールに亀裂がないか、剥がれかかっていないかなど異常がない事を確認しましょう。
  特に長期間(シーズンオフを含めて)の保管後、シ-ズン初めのトレッキングが要注意です!
  もしも異常があればソールの交換等の対応 あるいはトレッキングの中止をお奨めします。
 
  使用後は、泥などの汚れを水洗いで落とし、水分を拭き取って、陽の当たらない風通しの良い場所で保管しましょう。
 
  最近ではポリウレタン以外の素材を使用したブーツが出ている様ですが、古いタイプのブーツはメーカなどに問い合わせ確認
  した方が良いでしょう。
 
  ちなみに私が現在使用しているブーツはポリウレタン素材で、近い将来ソール交換などを考えなくてはと思っています。
 
 
  なおこの経年劣化は、トレッキングブーツだけではなく、プラスチック素材のスキーブーツにも言えます。
 
  私はスキーもしていますが、以前に数年間中断した期間があります。 この中断期間にスキーブーツを押入れに保管しており、
  再開時に取り出してみるとバラバラの破片になっていました。
 
  また知人がスキーで滑っている際にスキーブーツのバックルがプラスチック部分と一緒に外れてしまうのも経験しています。
  これはプラスチック素材の経年劣化が原因です。


<<参考>>
  社)日本スポ−ツ用品工業協会/日本スポ−ツ用品輸入協会 
 
   ・登山靴・トレッキングブ−ツ品質対策委員会
      
      『登山靴・トレッキングブーツをご使用の皆様へのお願い』
 
   ・日本スポ−ツ用品輸入協会/スキ−靴部会 ポスタ−  
      
      『プラスチック素材使用 スキーブーツの経年劣化にご注意』




   ■コンテンツ メニュー
トレッキング & スノーシュー フォト レポート 地域別メニュー フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め(サポートタイツ)  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め(PROTREK)  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  トレッキングとスノーシュー TOPへ
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰


Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved