スノーシューの選び方

行動の目的、用途、遊び方などによりスノーシューの選び方が変わります
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > スノーシューの選び方

 <<スノーシューの選び方 >>


  
■ スノーシューの選び方


    スノーシューの選び方は、行動の目的(用途や遊び方・楽しみ方)、フレームサイズ、装着の仕方(ビンディング)
    により決まってきます。

    まず行動の目的によりスノーシューのタイプが、ほぼ決まります。


      ● 山用
         山間部やアップダウンのある斜面を主とした登山、トレッキング、バックカントリーなどの使い方

      ● 平地用
         森、雪原などの平坦な雪面を主としたハイキング的な使い方



    山用/平地用は、スノーシューの構造に大きく関係しています。

    ビンディングを装着した時、拇指球付近(足の親指付け根付近)の下を中心軸として前後に回転する仕組みになっており、
    山用ではフリー状態になっており、平地用ではほぼ固定された状態になっています。
     
具体的には、スノーシューを装着し足を上げた時、
山用のタイプでは、デッキのテール部分がたれ下がり、つま先部分がデッキの下に出ます。(右の写真)
急斜面を登る時、このつま先部分を斜面(雪面)に食い込ませグリップさせます。



平地用のタイプでは、テール部分があまりたれ下がらずにブーツとデッキがほぼ固定されます。

この違いにより平地での歩き方は同じですが、スノーシューの動きに違いがでてきます。

・山用では、歩く時にデッキのテールを引きずる感じになります。
 つま先部分がデッキの下に出るため斜面での対応ができます。

・平地用では、ブーツと一緒にデッキも上がり、ブーツ感覚で歩けます。

山用では、足を上げた時にテールが下がり。。。


山用では、つま先がデッキの下に出てきます。

    歩き方の違いが斜面の時にでてきます。


急斜面をキックステップで。。。
山用のスノーシューの時
緩斜面では普通の歩き方で登りますが、
急斜面ではキックスッテップの要領で登ります。
「つま先」を斜面に食い込ませ、クランポン(前)で雪面をグリップさせながら登っていきます。
 
平地用のスノーシューでは、このキックステップができず、急斜面を登ることが難しくなります。
 
 
 
 
 


   山用と平地用の違いは、歩く時のスノーシューの動きと斜面の登り方の違いがあります。
   また山用では、斜面対応のグリップ力が必要なためクランポンの長さ、個数に違いがでてきます。

   スノーシューの山用か平地用が決まれば、ビンディング種類、スノーシューサイズを考慮します。

   ビンディング種類は、ブーツとスノーシューの装着の方法・方式の違いにより装着の容易性、ブーツとの適合性が
   違ってきます。
 
   スノーシューサイズは、適応荷重によりサイズが分かれています。 このサイズにより浮力の違い、沈み込みの度合いが違って
   きます。

   この適応荷重は、 体重 + ウェア + 装備 の総重量です。

   バックカントリー、登山などを目的とする時、装備(重さ)が重くなるので装備重量も含めて考慮する必要があります。


   スノーシューを選ぶ時に、まず 「スノーシューで何をしたい」 を決めるのが大切です。


   またスノーシューイング時にはストックが必要です。 バランスを崩した時、下りの時、雪の状態・感触を掴む時などに使い
   ます。 積雪状況、斜面状況、登り・下降などで長さ調節しながら使用します。 このため長さ調整可能なストック(ポール)が
   いいでしょう。 なおスキー用のストックでも使用可能ですが、長過ぎるため少し不便です。



   ちなみに運営者は、MSRのスノーシューを使用しています。

スノーシューの選び方 山用で購入 ■メーカー MSR
■ライトニング アッセント22  (ヒール・リフター付き)
■サイズ、重量
  20cm × 56cm  約1.6kg
■3ストラップ式ステップオン・ビンディング

■運営者プロフィル、装備
・身長167cm  体重60kg
・装備 35リッターザック、 装備品は トレッキング装備 を参照。
・長距離、急斜面登攀ありのスノートレッキングを行う

    運営者は、雪原や急斜面のあるフィールドも行ける様にグリップ力のある山用を購入しています。

    このMSR ライトニング アッセント22は、急斜面でもグリップ力があり、ヒールリフター付きなので登りは楽です。
    また重量が軽いです。 ただ値段がちょっと重め(高い)かな! でもグリップ力を考えるこんなもんでしょう。

    ライトニング アッセント22を購入した時、迷ったのがサイズです。
    サイズが一つ上のライトニング アッセント25 (20cm × 64cm  約1.7kg) にして良かったかもです。
    

MSR(マウンテンセイフティリサーチ) ライトニング アッセント22(イエロー)男性用 40527

MSR(マウンテンセイフティリサーチ) ライトニング アッセント女性用22(ブルー) 40532


   ■コンテンツ メニュー
トレッキング & スノーシュー フォト レポート 地域別メニュー フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め(サポートタイツ)  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め(PROTREK)  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  トレッキングとスノーシュー TOPへ
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰


Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved