尾瀬沼、尾瀬ヶ原トレッキング

尾瀬は、福島、群馬、新潟県の3県にまたがり、標高約1400の尾瀬ヶ原から約1600mの尾瀬沼まで
広大な高地に湿原が広がっています。
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > トレッキング > 尾瀬沼、尾瀬ヶ原トレッキング
 

 <<2013/07/16 福島県 尾瀬沼、尾瀬ヶ原トレッキング>>


   昨年、尾瀬沼から尾瀬ヶ原を歩きましたが、今回も同じ時期にほぼ同じコースを歩きました。

   目的は、大江湿原のニッコウキスゲです。
   7月中旬の大江湿原は、ニッコウキスゲが見頃を迎え、湿原全体が黄色一色になるはず。。。。。のつもりで。
   昨年は、不作だったので、今年こそはと。。。。

  

大江湿原のニッコウキスゲ群落

大きな地図で見る
  <天気>   晴れ

  <コース>
   御池(駐車場) 5:00 → (バス) → 沼山峠 5:30 → 大江湿原 → 尾瀬沼ビジターセンター → 9:00 沼尻(ぬしり) →
   見晴 11:15 → 竜宮 → ヨッピ吊橋 12:30 → 東電小屋 → 元湯山荘 → (燧裏林道) → 16:50 御池

   距離 約25km

  <トイレ>
    御池、沼山峠、尾瀬沼、見晴、竜宮、他



■尾瀬沼、尾瀬ヶ原 登山地図

国土地理院発行 2万5千分の1地形図 「尾瀬ヶ原」、「燧ケ岳」 使用
 

   <福島 尾瀬沼、尾瀬ヶ原 トレッキング>

   

尾瀬沼 沼山峠展望台より






大江湿原

湿原は、緑一色。
黄色は何処に? そんな感じです。
尾瀬沼に近づくと
ようやく黄色のニッコウキスゲが。


森のトンネルの先は、緑だった!

トンネルの先に一面の黄色。。。
。。。。を期待していましたが・・・



尾瀬沼とニッコウキスゲ

尾瀬ヶ原・尾瀬沼ビジターセンター分岐付近に
ニッコウキスゲの群落がありました。





ニッコウキスゲの群落





ニッコウキスゲ




 
サワラン                                     タテヤマリンドウ(?)





チングルマ(果実)





燧ヶ岳  尾瀬ヶ原・見晴付近より





池塘と至仏山  尾瀬ヶ原・見晴〜竜宮間より





尾瀬ヶ原・竜宮付近




 
池塘のヒツジグサ                                    カキツバタ





きれいな緑  燧裏林道



 

  <コメント>

   ■ 大江湿原のニッコウキスゲ大群落を期待していたのですが、群落はかなり減少しています。
     昨年よりはいいのですが、8年前に比べると群落は激減していました。
     おそらく、鹿の食害かな? 残念! 元に戻って欲しい。

   ■ それでも、尾瀬沼分岐付近には、ニッコウキスゲの群落があり、黄色の花が見頃を迎えていました。
     きれいなニッコウキスゲを見ることができ良かった!

   ■ この時期、ニッコウキスゲ以外でも沢山の花があります。

   ■ 日差しの強い日中でも、標高約1400mの爽やかな風が吹き、とても気持ちいいです。

  



   ■コンテンツ メニュー
フォト レポート (地域別メニュー) フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め サポートタイツ  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め PROTREK  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  TOP
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰

Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved