奥多摩 川乗山(かわのりやま)トレッキング

奥多摩の川乗山は、東京都の西に位置し、
奥多摩湖の近くにある標高1364mの山
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > トレッキング > 奥多摩 川乗山トレッキング
 

 <<2010/01/24 東京都 奥多摩 川乗山トレッキング>>

 
十数年ぶりに奥多摩の山歩きをしてきました。
目指す所は、川乗山(かわのりやま)です。
ちなみに右下のGoogle地図では 「川苔山」の表記です。
おそらく、どちらも正しいのでしょう。

今回は、車移動ではなく電車移動です。
埼玉東部から東京西部・奥多摩方面へのアクセスは、JR武蔵野線を利用すれば以外と便利です。

ただ青梅線の立川から奥多摩まで1時間以上。
停車回数と停車時間が長かった感じ。
しかも青梅から先、奥多摩まで電車の扉は、「手動」です。

  手動扉の電車は、久々だーーー

奥多摩 川乗山
川乗山の山頂

  <コース>

   奥多摩 川乗山トレッキング
         天気  雲ひとつない快晴 
                気温 氷点下のはず

    ・JR奥多摩駅→(バス)→川乗橋→細倉橋→
     百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)→川乗山(標高1364m)→
     船井戸→棚沢→JR鳩ノ巣

                          約11.5km

       ・地図 国土地理院 1/25,000
             「奥多摩湖」、「武蔵日原」


   駐車場  なし(川乗橋登山口)
   トイレ   有り(JR奥多摩駅)

大きな地図で見る
   
■奥多摩 川乗山 登山地図

国土地理院発行 2万5千分の1地形図 「奥多摩湖」 「武蔵日原」

 

<奥多摩 川乗山トレッキング>

早朝、自宅を出発し始発電車で奥多摩を目指します。
始発電車に乗るためバタバタ準備をし、急いで駅へ。
電車に乗り、あとはゆっくり着くのを待つだけ。。。。。

  うん あれ? あぁっ〜 忘れた〜〜! 戻るのは。。。。  まぁ いいか

ちゃーーんと準備したつもりなんですけど。 (^^ゞ

  忘れ物は ヒ・ミ・ツ!

電車は、順調に。。。のつもりが。。。途中の西国分寺で 「電車故障により遅れが。。。」 とアナウンス。
寒いホームで待ちぼうけです。

立川駅での乗換え間に合うかな? 奥多摩からのバス間に合うかな? トイレにも行きたいけど。。。

こんな感じの朝でした。



奥多摩駅  8:50

川乗橋 登山口  9:10

奥多摩駅から東日原方面行きバスで登山口の川乗橋へ向かいます。
バス本数は、1時間に1本あるかどうかで少な目です。

バスは、結構、混んでおりほとんどの人が登山者です。

15分程度で川乗橋に到着し準備後スタートです。



川乗谷に沿って林道を 右下には川が流れて


真っ青な空を眺めながら


林道をひたすら歩き続け30分程度で細倉橋


細倉橋分岐  9:50

細倉橋の分岐で林道と別れ、登山道を登ります。
この登山道は、川乗谷の渓流に沿っての上り道。
急な登りではなく徐々に高度を上げていきます。心地よい川の流れを聞きながら。。。。。



樹林の中を





谷側を見下ろすと
川はずっ〜と下の方に。。。。
道幅は、メチャ狭くて



写真を撮る気持ちの余裕が無かった。
。。。これホンネ

なるべく谷川を見ないように歩いてました。(^^ゞ


ま〜だ まだ続く こんな道


おっ〜 凍ってる!

落ち葉の道   前をあるいている方。。。結構慎重に歩いてます




サク サク と落ち葉の 「気持ちいい音」

でも気持ちいいのは、 「音」 だけ。

運営者もかなり慎重に歩いています。

落ち葉の下に石は無いよね〜?
バランス崩して谷側へ転んだら きっとアウトかな。。。と思いながら。。。




  登山道の途中に百尋ノ滝が見えてきます。
  この時期、気温が低く、滝つぼは凍っていました。
  また滝の流れも少しは凍っていますが、水は少な目でしたが流れ落ちていました。




■ 百尋ノ滝の眺め 東京 奥多摩・川乗山の百尋ノ滝





急な登り



      足毛岩方面 日向沢の峰方面の分岐  11:45


百尋の滝を過ぎて過ぎ樹林の中を進み、
徐々に斜度がキツクなっていきます。

山頂が近づくにつれて、さらにキツくなります。
。。。このキツさは久々だ。

樹林の中を


前方が明るく。。。山頂はまもなく?

冬の景色 山頂直下




緩やかに  おー あれが山頂


        川乗山山頂  12:40

山頂到着です。
南西方向に富士山がくっきりと。
高尾山から見る富士山よりも大きく見える感じです。

また西方向の眺望が開けています。


青空 と 富士山




西方向の眺め


下山は、鳩ノ巣方面です。
川乗橋からの登りと違って、かなり歩きやすい道が多い感じがします。
段差が少なく、小石の少ない道で下山は結構楽勝でした。



気持ちいい下山道



JR鳩ノ巣駅  15:40
 

  <コメント>

  ■JR奥多摩駅から川乗橋までのバス本数は少ないです。事前に調べておくことをお薦めします。

  ■川乗橋に駐車場は無しです。また林道への車乗り入れは禁止のようです。

  ■登りの細倉橋〜百尋ノ滝まで、斜面で狭い登山道が続いています。
   バランスを崩さないように慎重に歩きたい道です。 運営者の苦手な道です。 (^^;)

  ■川乗橋〜百尋ノ滝〜山頂の上り、山頂から鳩ノ巣までの下り、この登山道の行程で最も脚の負担を感じた箇所は、
   百尋ノ滝〜山頂の一部分 と 鳩ノ巣付近:柳沢集落内の道路です。
   柳沢集落内の道路は、凄い斜度、それまでの歩きで疲れている脚に追い討ちをかけるようなキツ〜イ下り坂でした。
   下り坂で何回休憩したかな?

   今回の忘れ物。。。。サポートタイツです。
   翌日、イヤ 正確には翌朝です。酷い筋肉痛でした。 夕方には、さらに酷く、翌々日はロボット歩きになってました。 (;^_^A
   次回は忘れずに持っていこう!



   ■コンテンツ メニュー
フォト レポート (地域別メニュー) フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め サポートタイツ  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め PROTREK  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  TOP
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰

Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved