苗場山

新潟県の苗場山

標高2100mに広大な湿原
自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > トレッキング > 苗場山トレッキング
 

 <<2005/07/30 新潟県 苗場山トレッキング>>

 
   新潟県の苗場山は、山頂に広大な湿原がある信越の山です。 山頂の湿原は、信じられないくらい広大です。
   天気予報では曇りでしたが、この湿原を見たくて苗場山をトレッキングしました。 
 
 
  <コース>
 
     ・苗場山トレッキング (約14km)     天気 曇り のち 清々しい晴れ そののち 雷雨
 
        かぐら・みつまたスキー場(標高約1200m)→和田小屋→下ノ芝・中ノ芝・上ノ芝→神楽ケ峰(標高2029m)→
        雷清水→苗場山(標高2145m)→同コースの戻り



■苗場山 登山地図
苗場山 登山地図
国土地理院発行 2万5千分の1地形図 「苗場山」、「佐武流山」 使用

 

 
(スキー場)




<苗場山トレッキング>

空模様は、予報通りの曇りです。
すっきりしない天気だけど、緑の中を歩けると思うと
嬉しくなります。

まず林道を進みスキー場上部の方へ向かいます。
 
 
 
 
  和田小屋まできました。
   ここから登山道に入ります。
   頭上の雲が薄くなっており、
         少し期待できるかも!!

(スキー場)

  (青空が広がっています。 うれしい〜

朝露に濡れた花がとても綺麗です。
見上げると青空が広がっています


(朝露に濡れた綺麗な花 名は?)
 
 
 
  
  上ノ芝付近です。東の方向に谷川岳を望めます。
 
  少し気温が上がってきています。
  でもやさしい風がとても 気持ちいい〜!
 
  山頂方向は開けている様です。
  もしかしてまもなく山頂?
  早すぎる! 淡い期待でいっぱいです。

(上ノ芝付近)
 
 
  えっ! うそだ〜! 未だあんなにあるの〜!
 
  神楽ケ峰でした。淡い期待ももろくも崩れさりました。 それに苗場山山頂は、はるかに遠くに、今まで稼いできた標高を
  100m以上下りさらに急登が続きます。
  
  
 神楽ケ峰から鞍部へくるとお花畑です。
これで元気を取り戻して山頂へ向かいます


(山頂方向を見ています)





鞍部のお花畑から山頂までは、
かなりキツイ直登です。
 
 
  急に視界が開けてきました、沢山の
  赤トンボが飛んでいます。
  きっと山頂で〜す!

(視界が開けて山頂のはず?)

えっーー? なんで山頂にこんな平原があるの? もう驚きです。

青空にこの眺め、そして爽やかな風。。。   先程のキツイ登りの事をスッカリ忘れさせてくれます。

新潟側はガスに覆われていますが、 長野側はご覧のとおりの天気です。
神楽ケ峰から苗場山頂を見た時、また山頂までの直登の時もガスの中でした。 『山頂はガスの中だなっー』と
思っていましたが、実際に来て見ると。。。。半分諦めていましたが、その分この光景を見た時は感激しました。

その場に行かないと分からないなーと実感です。 自然って凄い!

 


苗場山山頂付近より パノラマ写真




(山頂には湿原が広がっています)


それにしても、この山頂は広い!!
湿原がず〜っと続いています。

 
   長野側も歩いてみました。 それでも未だ歩いていない所があります。

(ここから見えない所にも湿原が広がっています)
 
 
 
 
  まだまだ歩きたいけど。。。。
  新潟側のガスが濃くなり、
  長野側まで覆ってきています。
  雨になりそうです。
  下山しなきゃ。。。。。

(ガスに覆われて。。。)
 
  下山途中で凄い雨に。。。雷も。。。  にわか雨で、少し時間が経つと小降りになりました。
  ニッコウキスゲです。 雨に濡れてとても綺麗です。

(ニッコウキスゲ)
 

  <コメント>
   ・神楽ケ峰を下った鞍部から苗場山頂までのコース、たしかにキツイ傾斜が続きます。
    でもそれに増して苗場山山頂の広大な湿原の広がり、まさに別天地です。
    魅力満点です。できれば日帰りではなく宿泊で行きたい!

  <風景写真>
   山歩きの風景写真は、姉妹サイト「埼玉だより 山歩きと写真」の 苗場山トレッキング ページをご覧ください。
   壁紙写真ページもあります。


   ■コンテンツ メニュー
フォト レポート (地域別メニュー) フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め サポートタイツ  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め PROTREK  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  TOP
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰

Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved