スノーシュー フィールドは何処?

スノーシューをはじめるきっかけは、なかなか。。。

スノーシューを何処で出来るかを紹介します。

自然を歩く トレッキングとスノーシュー
 TOP > スノーシューは何処でできるの?

 <<スノーシューの前に スノーシューは何処でできるの? >>

 
  
■ スノーシューは、こんな所でできます



  
● こんなスノーシュー フィールドがあります。

   スノーシューで歩いたフィールドを地域別にまとめています。
   見たい地域をクリックしてください。

      
○ 栃木県 奥日光

      
○ 長野県 車山・霧ヶ峰

      
○ 長野県 北八ヶ岳

      
○ 長野県 美ヶ原

      
○ 長野県 上高地

      
○ 長野県・群馬県 湯ノ丸山・篭ノ登山・池の平

      
○ 福島県 裏磐梯




  
■ 栃木県 奥日光

奥日光のスノーシュー フィールド
奥日光 小田代ヶ原にて
  

  <フィールド>
     ● 奥日光は、栃木県の西に位置し、日光・中禅寺湖よりさらに西側で高い場所にあり標高約1400mの
        高地です。
     ● フィールドは、戦場ヶ原、小田代ヶ原、湯滝、光徳などがあり、標高差は約50m前後でほとんどフラットな
        フィールドです。
     ● 日光の山々に囲まれたフィールドで森の中の歩きを楽しめます。


                    ■奥日光スノー フィールド マップ

光徳・戦場ヶ原周辺

湯元周辺
                    発行 日光市/環境省北関東地区自然保護事務所、日光市、日光観光協会 他


  <アクセス>
     ● 奥日光へのアクセスは、 日光・いろは坂からのアクセスのみとなります。金精道路は冬季通行止めです。
     ● いろは坂を境として日光市街と奥日光では気象状況・道路状況がガラリと変わります。
       日光市街には積雪が無くても、冬季の奥日光では、積雪やアイスバーン状態です。
       冬季、いろは坂入口から奥日光方面へ進む時には、必ずチェーン、スタッドレスタイヤ等の冬装備が必要です。
       いろは坂は、一方通行のため途中でUターンできません。ご注意ください。
     ● 夜間、道路に動物(鹿)が出てくることがあります。注意が必要です。
     ● 駐車場
           ・三本松、湯滝、光徳、竜頭の滝上
            ※赤沼駐車場は、冬季閉鎖です。
    

  <注意点>
     ● 戦場ヶ原、小田代ヶ原の湿原・雪原内は立ち入り禁止です。
       散策路、木道に沿って歩きましょう。
     ● 泉門池から赤沼まで湯川沿いの自然研究路コースは、地面との高低差の大きい木道です。
        スノーシューでの歩きは、自然保護面・安全面からみてお奨めできません。
     ● 小田代ヶ原展望台付近のトイレは冬季閉鎖されています。
       トイレ利用可能場所: 赤沼、光徳、湯滝(有ったはず)
     ● 光徳〜光徳入口間には、XCスキー専用コースになっている部分があります。スノーシューでは、このコースに
        入らないようにしましょう。
     ● コースの組み合わせがいろいろとできますが、周回コースが取れない時には定期路線バスの利用も可能です。
        なお定期路線バスの本数が少なく、利用される時には予め時刻を調べておきましょう。

  <その他>
     ● レンタルスノーシューは、三本松にあります。


  <スノーシュー フォトレポート>
     ● 奥日光 小田代ヶ原
     ● 奥日光 小田代ヶ原・戦場ヶ原
     ● 奥日光 湯滝・小田代ヶ原
     ● 奥日光 光徳・戦場ヶ原
     ● 奥日光 高山ス
     ● 奥日光 小田代ヶ原、戦場ヶ原
     ● 奥日光 光徳・湯滝
     ● 奥日光 光徳・山王峠









  ■ 長野県 車山・霧ヶ峰

霧ヶ峰のスノーシュー フィールド
霧が峰 蝶々深山より


  <フィールド>
     ● 長野県の東に位置し、美ヶ原、北八ヶ岳の近くで標高1800mの高原に車山、蝶々深山などの小高い山々と
        湿原が広がります。
     ● 車山山頂から八ヶ岳をはじめ各山々の眺望を楽しめます。
     ● 大きな樹木が少なく見通しの良い雪原が広がっています。


  <アクセス>
     ● 車山肩(ビーナスライン)より    駐車場 車山肩 (台数少ない)


  <注意点>
     ● 車山・霧が峰高原の湿原・雪原内は立ち入り禁止です。グリーンシーズンの遊歩道沿いに歩きましょう。


  <スノーシュー フォトレポート>
     ● 車山・霧ケ峰









  
■ 長野県 北八ヶ岳

北八ヶ岳のスノーシュー フィールド
北八ヶ岳 麦草峠近く(メルヘン街道)にて


  <フィールド>
     ● 長野県の東に位置し長野・山梨にまたがる八ヶ岳連峰の北部を北八ヶ岳と称しています。
     ● 北八ヶ岳は、針葉樹林と池に囲まれ、女性的な山々が連なり、森の歩きを楽しめます。

         ■北八ヶ岳周辺概要図

国土地理院発行 2万5千分の1地形図 『蓼科』


  <アクセス>
     ● ピラタス横岳ロープウェイより   駐車場 ロープウェイ駐車場
     ● 国道299号(メルヘン街道・長野側) メルヘン広場より 


  <注意点>
     ● 横岳ロープウェイ山頂駅近くの坪庭は、散策路以外は歩行禁止です。
        また散策路は一方通行になっています。
     ● メルヘン広場からのアプローチは、距離が長いため余裕のある計画にしましょう。


  <スノーシュー フォトレポート>
     ● 北八ヶ岳 茶臼山
     ● 北八ヶ岳 白駒池
     ● 北八ヶ岳 北横岳








  ■ 長野県 美ヶ原

美ヶ原のスノーシュー フィールド
美ヶ原 美しの塔にて


  <フィールド>
   ● 長野県のほぼ中央に位置し、松本市の近くにある標高約2000mの高原(山)です。
   ● 標高2000mの高原には、広大な雪原が広がります。また雪原からでも北アルプス、南アルプス、中央アルプス、
      八ヶ岳、富士山などの素晴らしい景観を望むことができます。
   ● 雪原の歩きだけでなく、標高差の少ない山の歩き、森の歩きも楽しめます。
   ● 気温が低く、気象条件により霧氷を見ることができます。

        ■ 美ヶ原周辺概要図

国土地理院発行 2万5千分の1地形図 「和田」 「山辺」


  <アクセス>
   ● 冬季アクセスは、和田村(国道142)からの林道のみになります。
   ● 駐車場
          山本小屋(小屋利用者)、 山本小屋手前の駐車場


  <注意点>
   ● 高所のため気温が低く、さらに広大な雪原では吹きさらしの状態になります。特に手、顔など風による気温低下に注意が
     必要です。


  <スノーシュー フォトレポート>
   ● 美ヶ原
   ● 美ヶ原(春の兆し)
   ● 美ヶ原(冬へ逆戻り)
   ● 美ヶ原・物見石山
   ● 美ヶ原・茶臼山
   ● 美ヶ原・武石峰
   ● 美ヶ原・鹿伏山
   ● 美ヶ原ムーンライト(その1)
   ● 美ヶ原ムーンライト(その2)
   ● 美ヶ原ムーンライト(その3








  
■ 長野県 上高地

上高地のスノーシュー フィールド
上高地・梓川より 焼岳


  <フィールド>
    ● 長野県の西に位置し、穂高連峰、焼岳など山々に囲まれた標高1500mの高地です。
    ● 上高地には、大正池、田代池、梓川、湿原などの自然が広がります。
    ● 上高地は、通常11月15日まででオフシーズンになり、釜トンネルから先への車(タクシー、バス)の乗り入れは
       できません。 釜トンネルからの歩きになります。


  <アクセス>
    ● 松本市より国道158号で沢渡まで  駐車場 沢渡
       沢渡より釜トンネルまで タクシー 


  <注意点>
    ● 自然保護のためグリーンシーズンのコース沿いにあるきましょう。 湿原(雪原)には入らないようにしましょう。
    ● 冬季は、釜トンネルから歩きになります。 余裕のある時間計画にしましょう。
    ● 釜トンネル〜大正池間のルートで雪崩の危険性があります。 注意しましょう。


  <スノーシュー フォトレポート>
    ● 上高地









  
■ 長野県・群馬県 湯ノ丸山、篭ノ登山、池の平

湯の丸付近のスノーシュー フィールド
池の平

  <フィールド>
    ● 長野県・群馬県の県境、浅間山の西に位置し標高2000以上の高原に湯ノ丸山、篭ノ登山、池の平があります。
    ● 篭ノ登山頂から北アルプスをはじめとして素晴らしい眺望を得ることができます。 
       湯ノ丸山頂からの眺望もいいはずです。 (^^ゞ
    ● 標高が高く、気象条件により霧氷を見ることできます。


  <アクセス>
    ● 地蔵峠・湯ノ丸スキー場 駐車場より
    ● 篭ノ登山、湯ノ丸山ともに湯ノ丸スキー場のリフトを利用できます。
  


  <注意点>
    ● 湯ノ丸山、篭ノ登山ともに急斜面の登りがあります。 グリップ力のあるスノーシューが必要です。
    ● 的岩(四阿山中腹)は、コースが判りずらい部分があり、地理に詳しい方、スノーシュー ツアーの参加をお勧めします。


  <スノーシュー フォトレポート>
    ● 篭ノ登山
    ● 湯ノ丸山・池の平
    ● 的岩(四阿山中腹)









  ■ 福島県 裏磐梯

裏磐梯のスノーシュー フィールド
磐梯山火口壁


  <フィールド>
    ● 裏磐梯は、福島県の中央やや北寄りに位置し、磐梯山の北側山麓に広がる高原で、多くの湖、池が点在しています。
    ● 磐梯山火口は、磐梯山の北側斜面にある火口跡です。 表磐梯(南側の猪苗代方面より)から見る磐梯山と全く違った
       荒々しい様相の磐梯山を目前に見上げながらの歩きを楽しめます。
    ● 

  <アクセス>
    ● 磐梯山火口   裏磐梯スキー場より    駐車場 裏磐梯スキー場
                 スキー場のリフトを利用できます。

    ● 五色沼  裏磐梯高原(バス停)・・・西側、裏磐梯ビジターセンター・・・東側 のいずれかよりスタート


  <注意点>
    ● 五色沼では、周回コースがとれません(ピストンは可)。このためスタート地点への戻りは、定期路線バスになります。
       定期路線バスの本数が少ないため予め時刻うを調べておきましょう。

       ※スタート地点まで戻る時には、バスを利用し、国道を歩くのは止めましょう。 
         通常の厳冬期であれば国道はアイスバーンになっています。
         歩道が有っても雪が山盛りで積もっており、まともに歩けません。
         また歩道が無い箇所もあります。 路面は凍結しておりとても危険です。

       (お奨め)
         ・裏磐梯ビジターセンター駐車場を利用
         ・最初に定期バスで「裏磐梯ビジターセンター」(東側)から 「裏磐梯高原」(西側)まで移動します。
         ・「裏磐梯高原」をスノーシューのスタート地点にし「裏磐梯ビジターセンター」まで戻ります。
         ・上記の逆の方法でもよいでしょう。

    ● 磐梯山火口
       ・スキー場のゲレンデ内は、歩行禁止です。
        リフトの利用かゲレンデ横の森(東側)を歩きます。
       ・リフトは、2本乗り継ぎです。 間違ってリフト1本目でチケット2枚を渡さないように注意! 。。。(^^ゞ
       ・銅沼を横断する時には、氷の状態に充分に注意してください。
       ・イエローフォールの位置は、1/25000地図には出ていません。


  <スノーシュー フォトレポート>
    ● 裏磐梯 磐梯山火口・五色沼








   ■コンテンツ メニュー
トレッキング & スノーシュー フォト レポート 地域別メニュー フォト ギャラリー
トレッキング フォト レポート メニュー ネイチャー フォト メニュー
スノーシュー フォト レポート メニュー スペシャル フォト ギャラリー
歩きの前に スノーシューの前に その他
 トレッキング ブーツ  スノーシュー何ができる?  ETC割引のお得な使い方 TOP
 トレッキング ブーツの経年劣化  スノーシューとは?  
 ザック  スノーシュー何処でできる?  
 お薦め(サポートタイツ)  スノーシュー何を準備すれば?  このサイトについて
 お薦め(PROTREK)  スノーシューの選び方?  プロフィール
 トレッキング装備  大切なこと  トレッキングとスノーシュー TOPへ
山の話題
 日本の山 標高ベスト100  No.2  日本百名山一覧 東日本  西日本  都道府県の最高地点・最高峰

 
  トレッキング、スノーシューイングは自然相手の遊びであり、スポーツです。 優しい自然もあれば、厳しく怖い自然も
  あります。
  フィールド、季節などに応じた準備が必要です。 無理な行動は危険を伴います。 諦め引き返す勇気が大切です。

  フィールドでの行動は危険を伴うことがあります。 自己責任で慎重に行動しましょう。

  また自然に対するマナーも大切です。
    ・ゴミは持ち帰りましょう。
    ・動植物を採ったり、傷つけたりしない様にしましょう。


Copyright(C) 自然を歩く トレッキングとスノーシュー All rights reserved